歯科矯正

リリアーナデンタルクリニックGINZAは自費診療(保険適用外)のみの治療となります。

Occlusion

大人になってから矯正治療を始める方が増えています。

歯科矯正治療 インビザライン

幼い頃から抱えていた歯並びや口元の悩みを解消するために、思い切って治療を受けられるのです。こうした動きは、20~30代を中心に広がっています。さらに、噛み合わせが気になる40代〜50代の患者さまも多くみられます。
矯正治療は大人になってからでも、決して遅くはありません。治療に関心を持ち、歯並びを治したいと思ったときがベストな開始時期です。
矯正治療は歯並びや口元に美しさをもらたしてくれます。

メンテナンスを考慮した成人矯正

大人になると虫歯よりも歯周病が増えてきます。歯並びがよくて唾液の循環がよいと口の中の清掃性がよくなります。歯並びが悪いと唾液が停滞しますので、歯周疾患のリスクが高まります。大人の矯正による歯並び改善は、見た目はもちろん、歯周病の最大の予防策となります。将来的になんらかの理由でクラウンやブリッジをすることになる場合でも、歯の位置が整っていれば治療時のダメージも最小限で済みます。

子どもに歯周病がないのは、代謝がよいためです。大人の場合、代謝や免疫力が子どもに比べ下がりますし、歯ブラシの仕方も子どもの頃と変わらない場合がほとんどですので、歯に汚れがあるのに、矯正力をかけて歯を動かすことは、歯槽骨(歯を支える骨)が下がるリスクをともないます。そのため子どもの矯正と異なり成人矯正の場合は、歯周病にならないようなメンテナンスを考慮した治療が大切となります。

悪い歯並びとは、どんな状態?

上下の歯が何らかの原因で適切に噛み合っていない状態といえるでしょう。
咬み合わせや歯並びが悪い状態を「不正咬合」といい、不正咬合にも様々な種類があります。

歯科矯正治療:叢生(乱ぐい歯)

叢生(乱ぐい歯)

上下の歯が何らかの原因で適切に噛み合っていない状態といえるでしょう。咬み合わせや歯並びが悪い状態を「不正咬合」といい、不正咬合にも様々な種類があります。

歯科矯正治療:上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

上の前歯が通常より前方に大きく出ている状態。

歯科矯正治療:下顎前突(受け口)

下顎前突(受け口)

上の前歯より下の前歯が前に出てしまっている状態。

歯科矯正治療:空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間に大きな隙間がある状態。

歯科矯正治療:過蓋咬合

過蓋咬合

通常の咬み合わせよりも前歯が深く咬み込んでいる状態。

歯科矯正治療:開咬

開咬

前歯だけが咬み合うことができない状態。

理想の歯並とは

歯科矯正治療:理想の歯並びとは

それでは、理想的な美しい歯並びとはどんな状態なのでしょうか?
一般的に美しいとされている歯並びの条件が、こちらです。

  • 歯列がデコボコと乱れていない
  • 上下の歯並びの真ん中が合っていて、左右対称な状態
  • 上下の歯列が平行で滑らかにカーブしている
  • 上の前歯が下の前歯より少し被さっている
  • 横から見て鼻と顎を結んだ線に唇が接している

ただし、「美しい口元」というのは、これらの条件を満たして歯並びが整っていればいい、というものではありません。本当に美しい歯であるためには、「健康的である」ということが大切です。虫歯や歯周病でダメージを受けている歯は、とてもキレイとは言えませんよね。

矯正の種類について

矯正装置なんか恥ずかしくてイヤ!そう思っていませんか?
でも、矯正装置って目立たないものもあるんです。現在では、表側からは見えない装置や、ワイヤーを使わない透明な装置など、患者さまのご要望に応えた様々な種類の矯正装置が開発されています。

ワイヤー矯正

歯科矯正治療:金属ブラケット

金属ブラケット

歯の表側に接着する装置(ブラケット)が金属製のもの。メリットは、丈夫で費用も低額なこと。メタルブラケットともいいます。

歯科矯正治療:審美ブラケット

審美ブラケット

ブラケットが透明や白色の目立たない色で、審美性が高い装置。セラミックス製やジルコニア製、プラスチック製のものがあります。

歯科矯正治療:セルフライゲーションブラケット

セルフライゲーションブラケット

従来のワイヤーを使った矯正装置よりも、ワイヤーとブラケットの摩擦力をより軽減させた装置。痛みを軽減しながらもスピーディーに歯を移動させることができます。

歯科矯正治療:リンガルブラケット

リンガルブラケット

歯の表側ではなく裏側に装着するブラケット。表側からは見えないので、周囲の人に矯正していることが気付かれにくいことが大きな特長。この装置を使った矯正を「裏側矯正(舌側矯正)」といいます。

目立たない矯正も人気

透明に近く、目立たないマウスピース矯正

歯科矯正治療:インビザライン(マウスピース矯正)

「歯並びに悩んでいて治したい。だけど、目立つ治療はイヤ・・・」そんな患者さまの声に応えるために矯正装置の開発は進み、マウスピース矯正のように、目立ちにくい矯正装置による治療が人気となってきています。
歯列矯正には、大きく分けて「ワイヤー矯正」、「裏側矯正」、「マウスピース矯正」の3つの治療法がありますが、治療中の見た目も含めて、それぞれにメリット・デメリットがあります。どれがあなたにピッタリな治療法かは歯科医師とよく相談して決めましょう!

マウスピース

ワイヤーやブラケットを一切使わず、マウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着することで、歯を移動させるのがこのマウスピース矯正。メリットは、矯正装置が透明に近いため、周囲の人に矯正しているのが気付かれにくいこと!また、装置は厚さが1ミリ以下と薄いので、装着時の違和感や不快感が少ない傾向にあります。

治療費について

リリアーナデンタルクリニックGINZAではあらゆるお口のトラブル、インプラントに関するご相談を承っております。

治療費は現金、各種クレジットカード(一部を除く)、デンタルローン(分割)でのお支払いが可能です。治療にあたっては必ずお見積りを提示し、ご納得いただいてから治療を開始いたします。

医療費控除について

医療費控除とは、自分自身や家族のために、その年の1月1日から12月31日に支払った医療費がある場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

一年間で10万円を超える医療費を支払った人でしたら、確定申告をすれば税金が戻ってきます。 インプラント治療でも「噛み合せの向上」が主な目的となっておりますので、治療目的と承認される場合があります。詳しくは、最寄りの税務署にお問い合わせください。