当クリニックは女性限定です。

tel.03-6260-6447

Open 10:00-18:00

当クリニックは女性限定です。

Caries

虫歯の痛み、
銀歯の痛みについて
『治療した歯』なのに痛みが取れないと
悩んでいる方に知って欲しいこと

虫歯治療をしても痛みが取れない、治療後、時間が経過するとまた痛みが出てきたと感じたことがある方は、多いのではないでしょうか?

なぜそのような事になるのか、どうしたら治療を繰り返すことなく、健康な歯を維持することができるのかなど、リリアーナデンタルクリニックGINZAで行っている虫歯治療の説明を含めてご紹介させていただきます。

こんなお悩みありませんか…?

  • しばらく歯医者に行っていないので、虫歯が痛みだした
  • 虫歯治療を行なったのに、また同じ歯が虫歯と言われた
  • 銀歯を入れた歯が痛くなってきた
  • 自費でセラミックを入れたのに、痛みが取れない
  • 虫歯治療を繰り返してしまう
  • 歯に黒い点が出来て気になっている
  • 食事の時や噛むと歯が痛い

銀歯の歯が痛みだす理由 歯と銀歯の境目に隙間があったり、段差があることが、虫歯を繰り返します

銀歯を虫歯治療後に、詰め物や被せ物と使用した場合、歯と銀歯が接合する箇所に隙間や段差があることがほとんどです。

隙間が大きい場合は、その隙間から虫歯菌が銀歯の下に入り込み、虫歯が再発してしまいます。

段差がある場合は、汚れを落とし切るのが難しく、その汚れが原因で歯周病や虫歯になってしまいます。

虫歯治療に大切なこと

虫歯になっている歯質を綺麗に取り除く

虫歯になっている箇所を、う蝕検知を使い視認できるようにし、色が付いている歯質だけを綺麗に取り除くことで、虫歯になっている歯質を綺麗に取り除くことができます。また、ドリルで一気に削ってしまうと感染していない歯質まで削ってしまいますので、当院ではう蝕検知を使い、綺麗な歯質と感染している歯質の境目が近くなった場合、ドリルを使わず行います。

治療中に唾液などを患部に触れさせない

う蝕検知で虫歯を視認できるようにし治療を行なっても、唾液が付くような環境で治療してしまうと、銀歯やセラミックを被せても菌が残った状態で、蓋をしてしまうことから、虫歯が繰り返す原因となります。

そのため、当クリニックではラバーダム防湿を行い、唾液が付かない環境で治療を行います。

小さい歯を拡大して治療する

歯をとても小さい上に、お口の中は暗いため肉眼で治療するだけでは見落とすことは必然的に起きます。

そのため、当クリニックではマイクロスコープを使い患部を拡大するだけなく、明るい環境を用意し、虫歯になっている歯質を確認し、丁寧に治療することで、虫歯の再発防止をした治療を提出しております。

詰め物・被せ物と歯に隙間を作らない

前途で記載したように、銀歯では隙間ができますが、セラミックなどの自費診療でも、しっかりと印象を取り、拡大視野のもと適合を確認しないで、詰め物や被せ物を装着してしまうと、隙間や段差が出来てしまい虫歯が再発してしまいます。

そのため、当クリニックでは印象はシリコンで行い、腕のいい歯科技工と連携し適合がいい詰め物や被せ物の作製はもちろんですが、装着時にも拡大視野の元、適合をしっかりと確認して治療を行ないます。

虫歯治療の
支払いについて

  • 治療費について

    治療費は現金、各種クレジットカード(一部を除く)、デンタルローン(分割)でのお支払いが可能です。治療にあたっては必ずお見積りを提示し、ご納得いただいてから治療を開始いたします。

    取り扱いクレジットカード

  • 医療費控除について

    医療費控除とは、自分自身や家族のために、その年の1月1日から12月31日に支払った医療費がある場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

    1年間で10万円を超える医療費を支払った人でしたら、確定申告をすれば税金が戻ってくる場合があります。詳しくは、最寄りの税務署にお問い合わせください。