当クリニックは女性限定です。

tel.03-6260-6447

Open 10:00-18:00

当クリニックは女性限定です。

Doctors

院長/歯科医師 中澤玲

院長プロフィール

岩手医科大学歯学部を卒業してからすぐに顎関節治療の勉強に没頭し、中沢歯科に集まる難症例に携わり、多面的な目線で顎関節治療を行っていました。その後、アメリカ・ボストン大学に留学し顎関節治療に留まらず、世界で注目される治療や歯科材料に目を向け研鑽し、審美治療・インプラント治療においてはドイツ大手のインプラント会社のインターナショナルインプラントインストラクターに任命されるなど若手の歯科医師として活躍しています。

また、日本インプラント学会、ブラジル審美治療学会論文投稿や歯科雑誌への執筆、2013、2014年とブラジル審美治療Marcelo Daltro先生を個人的に日本に招聘し共同で講演活動を行いました。インプラントの本場ドイツでもFrank Zastrow先生と講演活動を行っています。2014年はドイツのインプラント専門医達の間では解消されていない問題である『顎関節症とインプラント治療』についての講演を行いました。

世界でも著名な審美治療医師の一人、Dr.Iñaki Gamborenaと共同講演を日本GC社で開催。高水準のディスカッションにより多数の賞賛を得た。自身でも若手歯科医師向け年間コースを2014年に開設し、日本国内でも各地で講演中。

当クリニックの考える
治療品質の重要性

患者様が歯科医院を選択する際大切なのは治療クオリティ(品質)だと思います。
そして、かけた費用以上に「結果」を期待することは当たり前だと思います。

歯科治療品質は治療実績・学術(学会や勉強会参加での知識勉強)・技術により語られることが多いのですが、この3つの要素に加え他者(歯科医師・業界関係者)からの評価はもっと大切だと思います。

治療品質向上を常に図るために、
研鑽を続けています

歯科医師は他者の批判にさらされることが少ない守られた職業なため本当の実力を本人が勘違い・過剰評価していることが多いのではないかと思います。私自身、自分の実力に驕りがあった時期はありました。このままではいけないと、身内が一人もおらず言葉も完全では無く、誰からの後ろ盾もサポートもない海外での発表に出た時期もありました。まさに歯科医師として丸裸の自分が、シビアな目線を持つヨーロッパの外国歯科医師の前で発表し結果を残し、多大な拍手と高い評価を得られるということは容易ではありませんでした。アジア人というだけで評価が下がりますから…

私はその繰り返しにより自分自身の仕事に自信が持てる原動力となりました。今では国内・海外での数ある発表実績を評価され国内外の同盟クリニックでの情報交換・インプラント会社2社、材料会社からインストラクター任命(指導的立場)を受け、歯科医師の治療指導と歯科材料会社社員の歯科教育も任されております。
評価を得られるようになるまでの15年にも及ぶ泥をすするような修行の工程は大変なものでしたが、今ではそれを患者様一人ひとりに還元できることは大変な喜びです。
一人ひとりの症例に全力・総力戦で臨んでいます。もちろんまだまだ研鑽の時期ですのでより高みを目指して頑張りたいです。

経歴

2001
岩手医科大学歯学部 卒業
2002 – 2004
インプラントセンターにて研修。2000本以上のインプラント補綴・外科を経験
2002
世界的権威であるDr.Lars Kristersonのインプラント外科にて直接指導で訓練を受ける。
2007 – 2008
BOSTON UNIVERSITY Post Graduate Operative and Esthetic dentistry program
ボストン大学 審美・充填科
2008 – 2010
顎関節症治療の権威であり実父であるDr.中澤勝宏より顎関節症治療を学び、多くの難治ケースを治療・改善。インプラントを利用した顎関節症治療について多くの執筆・講演を行い始める。現在も日本のみならず海外にて同内容の発表活動をしている。
2011
ブラジルで行われたIFED国際審美学会にてDr.Marcero Daltroと出会い、審美修復システムRSテクニックを日本に持ち帰る。
2012 – 2013
二年連続Dr.Marcelo Daltroを招聘。福岡歯科大学を含め日本各地で協力講演活動。
2013 – 2014
Dentsply P3 program in Frankfurt Germany(ドイツ フランクフルトにてデンツプライ インプラント P3 インストラクター国際スピーカー育成プログラム)修了
1年半フランクフルトに通い国際学会にてインプラントと顎関節症について発表を行う。
デンツプライインプラント 公式インストラクターに就任。
2014 – 2015
P3 programで出会ったインプラント外科専門医 Dr.Frank Zasrowを二年連続日本に招聘。The Biological conceptを協力講演。
2014
Super basic implant courseを立ち上げ、若手歯科医師のために年間コースとしてインプラント教育活動中。正しいインプラント治療を世界でも新しいテクニックを交えて指導。
2015 – 2016
ヨーロッパで著名な審美治療医師の一人であるDr.Mauro Fradeaniに師事。
イタリア ペサロにて日本人で初めてDr. Mauro Fradeaniの年間コース ACEを修了。MIPPテクニックを習得。前述のRSテクニックとMIPPテクニックを併用し審美修復治療を行う。
2016
国内歯科メーカーGCにて審美治療の世界的権威であるDr.Iñaki Gamborenaとインプラントの新しい技術について共演・講演。GCインプラント公式インストラクターに任命される。
2017
インプラント外科の世界的権威であるDr.Sascha Jovanovicの優れた外科テクニックに心酔し、とても厳しいと有名なDr. SaschaのgIDEヨーロッパコースに日本人で初めて参加。
コース内で複数回インプラントケース発表を行い、最高グレードの評価を受ける。コース内で出会ったDr.Egon、Dr. Massimo Simionnから多くのテクニックを直接指導され、イタリア現地にて外科手術に参加、現在は修了。
2018
GCインプラントセミナーにて「咬合とインプラント」について講演。約300人ほどのインプラント専門医達にその難しさを講義。
12月には、自身の勉強会SBICにてスペインの TOPドクター、Dr.Dedier Delmasを日本に招聘。世界で注目されるデジタルインプラントの前線について講演活動を行う。

所属学会など

  • 海外

    IFED、PRD、AAED、AAP、OJ、ICOI

  • 日本

    日本口腔顎顔面痛学会 認定医

資格・その他

  • Dentsply P3 program certificate (日本人初)
  • gIDE Master Program Certificate (日本人初)
  • MIPP Master Program Certificate (日本人初)
  • Dentsply Implant インストラクター
  • GC Implant インストラクター

海外医師との連携で技術向上

リリアーナデンタルクリニックGINZAの院長、中澤玲は世界各国で活躍する歯科医師たちと連携を取りながら、新たな歯科治療の研鑽、技術向上に努めています。世界的権威のドクターを日本へ招聘して、国内の歯科医師の技術向上のためのセミナーも開催しています。

【海外】
スロヴェニア、クロアチア、オーストラリア、アメリカ、イタリア、シンガポール、中国、ブラジル、ドイツ、ウクライナ、スペイン、ルーマニア、カナダ
【 国内 】
北海道、岩手、東京、愛知、大阪、福岡、香川

Redesigning Smiles concept

Marcelo daltro Brazil 2013 / 2014 / 2015

P3 International Program

Frankfurt / DE 2013 / 2014 / 2015

MIPP technic

Mauro fradeani / Italy 2015

GBR and AEsthetic.

sascha a javanovic / francesco mintrone in italy 2016 / 2017

Master Clinician Program

EUROPE 2016 – 2017