当クリニックは女性限定です。

tel.03-6260-6447

Open 10:00-18:00

当クリニックは女性限定です。

Perio

歯茎のかゆみ、痛みについて 歯茎のかゆみ、痛みで
悩んでいる方に知って欲しいこと

虫歯ではないけれど、歯の近くに違和感や痛みなどの不快感を感じたことがある方は、多いのではないでしょうか?

なぜそのような事になるのか、どうしたら予防できるのか、進行を食い止めることができるのか、健康な歯を維持することができるのかなど、リリアーナデンタルクリニックGINZAで行っている歯周病治療の説明を含めてご紹介させていただきます。

こんなお悩みありませんか…?

  • 歯を磨くと出血することがある
  • 歯が浮いた感じがして違和感がある
  • 起床時にお口の中が粘つくことがある
  • 歯と歯の間の隙間が気になるようになった
  • 硬いものが噛めなくなった
  • 歯がぐらぐらしたり、口臭が気になるようになった
  • 歯茎を押すと膿が出る

歯茎がかゆく、痛む理由 軽度歯周病が進行している可能性があります

歯周病は歯垢(プラーク)に潜む歯周病菌により引き起こされる感染症になります。進行すると、歯を支える骨(歯槽骨)を溶かして、歯がぐらつくようになり、最悪の場合は大切な歯を失う原因になります。

歯周ポケット(歯と歯茎の溝)に歯垢が溜まることにより、歯垢内部に潜む歯周病菌が毒素を出すことによって、歯茎に炎症が起こります。

炎症を起こした歯茎は赤く腫れて出血を引き起こします。歯周病の初期症状は異変にほとんど気が付かず、症状が悪化することにより気が付くこともあります。

歯周病治療に大切なこと

レントゲン・歯周ポケット検査で精密検査を行う

歯周病の進行度は、歯肉を見ただけでは歯を支えている骨(歯槽骨)の状態が判断できません。

そのため、当クリニックでは、レントゲンを撮影し歯槽骨の状態を確認します。
レントゲンでは歯茎の下の部分の歯石が付いているかどうかの確認が出来ます。
また、歯周プローブというメモリのついた器具を歯周ポケットに挿入し、歯周病の進行状態を評価する検査を行います。直視が出来ない歯肉の内側の炎症や歯根の形態などを確認することが出来ます。

歯垢(プラーク)や歯石を綺麗に取り除く

歯垢(プラーク)は歯ブラシでも除去できますが、歯石になってしまうと自分では取り除く事が出来ません。

そのため、当クリニックではラバーダム防湿を行い、唾液が付かない環境で治療を行います。

歯科衛生士によるブラッシング指導

「歯茎がかゆいだけだから」と放置してしまうと、歯周病が進行してしまい、大切な歯を失う事態も招きかねません。患部を自己流により歯ブラシで強く磨きすぎてしまうと、歯茎を傷つける原因になります。

そのため、当クリニックでは歯科衛生士による正しいブラッシングの指導を行っております。日ごろから丁寧な歯磨きを行い、歯垢を残さず口腔内を清潔に保つことが歯周病の予防と治療法です。

定期的なメインテナンスを受ける

前途で記載したように、歯周病の原因となる菌を除去し続けることがお口の健康を維持し、歯周病を予防するために必要となります。

そのため、当クリニックでは治療により症状が落ち着いて改善したとしても溶けてしまった歯槽骨が元に戻ることはありません。そのためメインテナンスを継続することによって歯周病が進行しないように進行を食い止めていくことが重要になります

歯周病治療の
支払いについて

  • 治療費について

    治療費は現金、各種クレジットカード(一部を除く)、デンタルローン(分割)でのお支払いが可能です。治療にあたっては必ずお見積りを提示し、ご納得いただいてから治療を開始いたします。

    取り扱いクレジットカード

  • 医療費控除について

    医療費控除とは、自分自身や家族のために、その年の1月1日から12月31日に支払った医療費がある場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

    1年間で10万円を超える医療費を支払った人でしたら、確定申告をすれば税金が戻ってくる場合があります。詳しくは、最寄りの税務署にお問い合わせください。