当クリニックは女性限定です。

tel.03-6260-6447

Open 10:00-18:00

当クリニックは女性限定です。

Case

カテゴリー:

  • MIPP・セラミック治療インプラント咬合治療審美治療

    ガミースマイル治療 クラウンレングスニング編

    • before

    • after

    年齢 30
    性別 女性
    主訴 ガミースマイルを結婚式前撮りまでに治したい
    治療 ガミースマイル診断によりこの患者様は以下の要項を満たすことになった
    1:残り3ヶ月でガミースマイルを改善したい
    2:自分の歯の形や色、長さ全てを今より圧倒的に綺麗にしたい。
    3:歯茎の形も改善したい。
    4:通院回数を最小限にしたい

    院長中澤の判断
    1 についてクラウンレンスニングとラミネートベニアで時間的にはギリギリ可能(本来はクラウンレングスニングオペ後3ヶ月待ちたい)
    2 について自分の表面を削り薄い(0.5mm以下)セラミックを貼ることで劇的な改善が見込める
    3 についてクラウンレングスニング手術により容易に改善できる
    4 について当院の最大の特徴の一つである、ドクター貸切・クリニック貸切・歯科技工士立会いにより通常の歯科クリニックでは考えられない期間で治療が可能

    クラウンレングスニングとはレーザーなどによる歯茎だけを切除する治療(後戻りが大きい)ではなく歯槽骨切除し形状を整えることで後戻りが全くなく、かつ歯科医師が意図した形の歯茎デザインにできる 歯茎と歯槽骨の切除を目的とした外科手術である。それなだけに高い技術である精密歯科治療のマイクロスコープ治療が必須であり、当院では年間多くの他院失敗クラウンレングスニングのやり直し手術を行っている。技術での差が大きく出るため手術は慎重に行って欲しい。
    更に付け加えると、私のように物凄く多くのクラウンレングスニング手術ケースをこなしていても必ず手術用サージカルステントを準備し行う。これにより僅かな失敗もなくなり100%の成功目指すことができるようになる。また、患者様自身も歯茎を削られた状態を手術前にご自身の目で確認してから手術をするかしないか決定できる優れものである。
    これをWAX up によるMock upという。詳細は違う機会に紹介する。
    クラウンレングスニングのダウンタイムは0である。一切腫れない・痛まない・膿まない・変色しない

    続きを読む

  • MIPP・セラミック治療インプラント審美治療

    前歯のインプラント 審美治療

    • before

    • after

    年齢 40
    性別 女性
    主訴 前歯の差し歯が取れてしまう。何度か近所の歯医者に行って付けてもらうがしばらくすると外れてしまう。笑えないので何とかして欲しい。
    治療 外れしまった前歯は差し歯であった。差し歯の下には歯の根が隠れていた。何度も外れるのは残っている歯の根が割れている為であった。根は割れたら再利用が困難である。ましてやインプラント治療を考えているのに割れた歯を抜かないで保たせて置くと感染を起こして周囲の骨が無くなってしまい、インプラント治療が困難になるなど欠点も多い。こんな時はその場しのぎの治療ではなく長期的(10年〜30年)に長持ちし安全な治療を選択する必要がある。主治医先生と中長期的な展望をしっかり話し合うのが大切だ。
    今回は患者様が1:審美性 2:周りの歯は削りたくない 3:長期的な安定 以上の3つを望まれた。その為残っている根を抜くと同時にその場でインプラントを打ち、歯茎を移植し更に最終のインプラントの土台と歯を入れるという治療を選択した。
     歯を抜いた日にインプラント治療も最後まで終わるという最速にして世界最新の技術を併せた治療法を選択した。
    この様な治療法は世界的にもまだまだ一般的ではないが
    好条件が重なると可能になる。残念ながら全ての患者様に可能なインプラント治療というわけではないという事をつけ加えておく。
    One abutment One time という治療コンセプトである。
    当院では8年前よりこの治療コンセプトを取り入れ数多くの審美インプラント治療を成功させている。
    難易度は極めて高いが準備と症例を選べば大変美しいけっかを得られる。
    備考 one abutment one time コンセプトを使用している。
    このコンセプトはインプラント手術日に最終のクラウン、最終のアバットメンが入り それで終了するコンセプトである。審美・スピード・結果が一日で完了する夢の様な治療法であるが残念ながらケースを選び、誰にでも適用される治療ではない。
    One abutment one time を行うには技術・知識・インプラントチーム力・メーカーサポート等が高いレベルに無いと実現しない。恐らくは勉強不足の歯科医師はこのコンセプト名すら知らないであろう。前歯審美インプラントを行う時には一度主治医に可能か相談してみるのもいいかも知れない。

    続きを読む

院長/歯科医師

中澤 玲 Rei Nakazawa

岩手医科大学歯学部を卒業した後、すぐに顎関節治療の勉強に没頭し、 多面的な目線で顎関節の治療を行う。 その後、アメリカ・ボストン大学に留学し、世界で注目される治療や歯科材料に目を向け研鑽し、審美治療やインプラント治療においては、ドイツ大手のインプラント会社のインターナショナルインプラントインストラクターに任命され、活躍している。

日本インプラント学会、ブラジル審美治療学会論文投稿や歯科雑誌への執筆、2013、2014年とブラジル審美治療Marcelo Daltro先生を個人的に日本に招聘し共同で講演活動を行う。インプラントの本場ドイツでもFrank Zastrow先生と講演活動を行っている。 2014年はドイツのインプラント専門医達の間では解消されていない問題である『顎関節症とインプラント治療』についての講演を行った。

世界でも著名な審美治療医師の一人、Dr.Iñaki Gamborenaと共同講演を日本GC社で開催。高水準のディスカッションにより多数の賞賛を得た。自身でも若手歯科医師向け年間コースを2014年に開設し、日本国内でも各地で講演中。