咬合治療

リリアーナデンタルクリニックGINZAは自費診療(保険適用外)のみの治療となります。

Occlusion

咬合治療のこだわり

審美治療にせよ、矯正治療、インプラント治療にせよ、最終的に噛み合わせがしっかりとした形で終わらなければ治療が完了したとは言えないのではないでしょうか?
見た目を回復する技術や手術技術も大切ですが、咬合機能を取り戻させることが一番大切だと考えております。
中沢歯科医院 中沢勝宏先生は当院院長の父にして日本で最も顎関節治療に精通し有名なドクターです。院長は中沢勝宏先生と中沢歯科医院で8年間にわたり咬合に異常をきたした数多くの難症例と向き合ってきました。

良く噛めるようになった患者様達は皆 若返っていきます。アンチエイジングとも言える治療なのかもしれません。日本だけではなく海外からも来院する患者様達の訴えは様々で大変に多様です。咬合治療は通り一遍の型にハマった治療法では解決しないことが多くあります。
経験値と膨大な勉強量、鋭い観察力 、診査機器、問題を聞き出す会話力が必要だと思います。前歯の治療後やインプラント補綴治療後に起きた噛み合わせの問題も良く拝見します。中沢歯科と提携し難症例でも改善に導くことができると思います。

顎関節症の原因

顎関節症

「顎の関節からカクカク音がする」「口があけにくい」「顎が痛い」などの症状は、顎関節症の疑いがあります。顎関節症とは、顎の関節や周辺の筋肉などに起きる症状の総称。口腔周辺だけでなく、耳鳴りやめまい、頭痛、肩こり、腰痛などの症状が出ることがあります。

顎の痛み、咬合の筋肉の痛み、さらには肩こりや首こりなど全身の不調などで悩まされていませんか?その症状は顎関節症かもしれません。顎関節症を引き起こす原因は、「歯ぎしり・噛みしめ」「日常生活の癖」「食習慣」「外傷」「ストレス」など様々です。

顎関節症の原因とは?

顎関節症を引き起こす原因は人によって違いますが、「歯ぎしり」「食いしばり」「虫歯」「抜歯」「食生活」さらには「悪い姿勢」など多岐にわたります。その原因は一つとは限らず、いくつかの原因が積み木のように重なって顎関節症が発症すると言われています。
成人の約1/3の人が顎関節に何らかの問題を抱えていると言われています。つまり顎関節症は誰もが何かのきっかけにより発症する可能性がある病気なのです。

“顎関節症7つの原因”

どれも日常生活に起こりうる原因ですので、どんな人にでも顎関節症のリスクは潜んでいると言えるでしょう。大切なことは、少しでも顎関節症の兆候を感じたら原因を特定して治療に臨むことです。

・噛み合せ(咬合)
・咀嚼
・外傷
・姿勢

・睡眠
・ストレス
・体型(肥満・痩身)

顎関節症の原因が何かを知ることが重要

顎関節症はその言葉のとおり、顎の関節の異常が原因となって口腔内や顎周辺に様々な症状があらわれることがあります。口腔内や顎周辺だけでなく、全身に痛みや不調がでて深刻な不定愁訴(ふていしゅうそ)に悩まされることがあります。
※不定愁訴…「頭が重い」「イライラする」「疲労感が取れない」「 よく眠れない」などの、何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるが、検査をしても原因 となる病気が見つからない状態を指す。
顎関節症の原因の中には、癖や習慣などにより本人は無意識・無自覚のまま病態が進行しているケースも少なくありません。「痛みの箇所はどこか?」「不調の原因は何か?」「顎関節症を引き起こす癖や行動がないか」など、その原因を知ることが大切になります。

顎関節症の症状・原因は顎関節症専門医へ相談

顎関節症は初期症状の場合、ご自身の発症原因を理解して適切な処置をすることで進行を防ぐことができます。もし顎関節症の原因に心当たりがあるようでしたら、症状が重度になる前に専門医の診察を受けることをおすすめします。