当クリニックは女性限定です。

tel.03-6260-6447

Open 10:00-18:00

当クリニックは女性限定です。

Column

カテゴリー:
お知らせ

ホワイトニングの秘密

ホワイトニングで白い歯になりたいのは多くの女性の願いだろう。

しかし、ホワイトニングで思った効果が無かったり、痛みが出たりと上手くいかなかった経験がある方もいるだろう…

今回は本当に効果を出したい人の為に8の条件をお知らせします。この条件を満たせば間違いなく白い歯になります。

1. ホワイトニングはクリーニングを重視しよう!

クリーニングと言っても歯科衛生士の様に専門的な知識と技術訓練をされている人によるクリーニングです。さらさらっと5〜10分で行うクリーニングはPMTC(プロフェッショナルクリーニング)とは言いません。正しいクリーニングを受けた歯は表面のバイオフィルムやステインが除去され、ホワイトニングの薬液が効果を発揮しやすくなります。軽く見られるクリーニングですがハッキリ言って1番重要です。この工程が無い、又は適当なクリニックで受けるホワイトニングは意味がないです。

2. 毎週施術しに行こう!

そんなに頻繁に行くの?儲け狙い?と疑問は湧くかもしれません。しかし、ホワイトニングは髪のブリーチと同じで短期間で行う方が白くなります。毎週と言っても3回から5回続けて通う事です。逆にこれ以上通っても大した効果は期待できません。3回あればほとんどの人は満足します。とにかく毎週通う事!間を開けなければ確実に白くなります。

3. 歯、1本1本に光を当てる

現在流通しているホワイトニングは2種類。

一つはオフィスホワイトニング 特別な波長の光を当てる事で過酸化水素水をエナメル質に効率よく効かせる事ができます。

二つ目はホームホワイトニング これは専用のマウスピースを自宅で薬液と一緒に使用します。本来の目的は白くすることでは無く、オフィスホワイトニングで白くした歯の白さを長持ちさせることが目的です。

オフィスホワイトニングですが、LEDライトで光を当てますが可能ならば一本一本の歯に適度な距離(なるべく近く)で当てるとかなりの効果が期待できます。スタッフがつきっきりで施術してくれる結果に対して責任感があるクリニックはスタッフが1本1本に光を当ててくれます。決して光を当てたままスタッフがいなくなる様な処置では行けません。場合によっては酷い知覚過敏や火傷になりかねません。ホワイトニング以前に医療失格です。無責任な施術に注意しましょう。

4. 白くなる歯なのかを歯科医師に診断してもらう

根本的な話しです。ホワイトニングで白くなるのかならないのかは歯科医師なら診てわかります。もちろん予測の範囲ではありますが白く出来る歯はわかります。ホワイトニング開始前にしっかりと聞いてください。見識が深い先生ならピタリと結果を言い当てるでしょう。

5.  時間がかかる事だと知りましょう!

ホワイトニングの施術は時間がかかります。30分から60分あれば十分?違います。

ホワイトニング施術の流れ

・説明・術前比較写真撮影・プロフェッショナルクリーニング・歯茎保護材塗布・ホワイトニング基剤塗布(一本一本しっかりと)・歯一本一本に光照射(1分近くタイマーで)・フッ素塗布(よく擦り込む)・術後説明・術後比較写真撮影

ざっと流れでこれだけあります。丁寧に施術し、良い結果を期待するなら時間をしっかりかけるべきです。通常は90分みれば良いでしょう。逆に30分の施術なら全て手を抜いている事を意味します。白くなるはずが無いです。

 

6.  薬液の種類にこだわる必要は無い!

どんな薬液でも 上記の挙げた1〜5のルールに沿っていれば大丈夫。あまり気にしても仕方ないです。何故ならホワイトニングの薬液はどの会社も大差がありません。大切なのは1〜5です。

 

7. 知覚過敏になるのが怖い!

ホワイトニング施術において知覚過敏は予防できます。 しっかり歯茎保護材を使ってる?歯の付け根(知覚過敏の出やすい場所)には薬液がつかない様に保護材で覆ってる?施術後にフッ素塗布してくれてる?そもそも光を当てて放置されてない?

以上の事を守れば知覚過敏はすごく減ります。

 

8. ホームホワイトニングは併用がマスト!

マウスピースによるホームホワイトニングはとても重要です。オフィスホワイトニングでもじゅうぶんですが確実な結果と長期の白さを保つには欠かせません是非作成してもらって下さい。上手くいけばオフィスホワイトニング終了から4ヶ月~6ヶ月は白さが保てます。

こちらは僅か三回の結果です

いかがでしょうか?府に落ちる内容だったでしょうか? ホワイトニングは

「医療者の良心が白い歯を創ります」